自担が毎日見学に来ているようです

なんかこの件に対してTLでもいろんなこと言われてて、じゃあ自分はどう思うかなって言うのを考えてみたんですが、やっぱり改めて考えても何とも言えないんです。是も非も示せない。

 

お前見てて何ができるよ?!って思いはあるのですよ。

無駄に外出して転んだらどうする?つい左足をついちゃって悪化させたらどうする?毎日舞台見に来たって出れるようになるわけじゃないんだから、安静にしてろよ!

って気持ちも。

 

でも、たった高校2年生が今自分に出来る最大限の努力として、せめてみんなと同じように毎日劇場に来て、自分が出るはずだった舞台を見て、イメージを膨らませて、舞台を俯瞰することを覚えるのだとしたら。無い頭()で必死で絞り出した自分のあり方がそれなのだとしたら。

もちろん他に出来ることはあると思うのよ。おうちで本読んでるとか映画見てるとか。その方が…と思わんこともない。

けど、顕嵐くんが今毎日青劇に来ることを選んd(号泣

結局モンペなおたくだっていうことを差し引いても、その思いがひたすらいじらしいんです。

 

はっきりいって、もう一度あそこに立てるかは五分五分だと思います。もしかしたら、もっと可能性は低いかもしれない。

だから周りも好きなようにさせているのかもしれないし、ねえ。

でも、顕嵐くんには最後まで諦めないでほしいし、出たいって思い続けてほしい。

それで苦しい想いをすることになるかもしれないけど、どうせ出れないって思った瞬間君の1ヶ月2ヶ月の血の滲むような努力がすっと消えてしまうような気がしているよ。

おたくは、少なくとも私は、諦めてないよ。

もちろん治りかけの状態で出るなんてことは絶対にしてほしくないし、そんなことするくらいなら最後まで出なくてもいい。

でももし叶うならば、あの舞台で踊る顕嵐くんが見たい。もうもうもうもう…葛藤。

 こっちもどう気持ちを持っていっていいのかわかんない、って私が泣きごと言ってどうするのかっていう話ではある。

 

顕嵐くんがこの経験を通して、もっと大きな心を持つことを祈るくらいしか、前向きなことはまだ言えないのだけど、ただ最初に「是も非も示せない」と言ったけど、自担の今をどこまでも肯定してあげられるおたくでいたいなあと思っています。

今日時点での気持ちを、一回書いて置いておきます。