明星 Jr.大賞のはなし

最近何か思うところがあってもTwitterでだらだらつぶやいたり結局友達とLINEして満足しちゃったりして、自分の中で文章として落ち着ける習慣がなくなってしまったので反省してブログなんて書いてみる。

 

 

というわけで。

 f:id:medusanbone:20150223213432j:plain

阿部顕嵐くん、第21回Jr.大賞恋人にしたいJr.ランキング第3位おめでとうございます!!!!!

キルフェボンの、特選紅ほっぺのタルトでお祝いだよーーーーーーー!

 

 

まあ正直この結果最初に目にした時の感想:「あ…1位じゃないんだ……」

ちなみに同担に「明星の早売り見た?」ってLINEしたら「まだ!やっぱり1位?」って帰ってきた。

知ってる。顕嵐担大分おめでたすぎるの知ってる。

 

気持ちとしては8:2で、ひたすらのうれしいと、少しの残念。

決して"悔しい"じゃないところがミソです。ミソってなんだ。

 

Jr.大賞は、嬉しいと悲しいを経験した2年間でした。

2012年度、Jr.担になって初めての冬。もちろん自分で投票はしていたけど、そもそも私自身「恋人にしたいランキング」が人気のバロメーターであり推されヒエラルキーに裏付けられたものだなんて全く知らず、ランクインしたことにびっくり、そして後からその事態の大きさを知って胸が熱くなりました。

他で同世代の子はみんなセクバ1軍で、他より圧倒的に露出が少ない中あそこに食い込んだ顕嵐くんはかっこいいしかなかった。自担が誇らしくてたまらなかった!

うすうす気づいていたけど、この人実は露出に比べて大分人気あるのでは…?っていうのをちょっと理解した時でもありました。

 

でも、明けた2013年、特に後半はなかなかメディアのお仕事がなくて、少クラも出ても一曲だったりメドレーで立ち位置も端っこだったり、そもそも出演さえなかったりすることもあって、そのせいもあってか前回のJr.大賞は圏外でした。

前年度ランクインしてるのに今年はそこに名前がないって、今の顕嵐くんが去年の顕嵐くんより劣ってるみたいに見えてしまってすごく悲しかったし、もうこれ以上推されることはないんだろうか…っていうのもすごく怖かった。

顕嵐くんは他のランキングでも一切名前出てなかったし(Jr.が選ぶ~には結構いたけどw)、トラジュ5人でJr.大賞座談会みたいなのさせられてたのも、完全に蚊帳の外って感じで悔しかったです。

そんな明星から始まった2014年は、今考えても信じられないくらい幸福な1年でした。

きっとJr.大賞にランクインできるだろう、とも思った反面、Jr.全体で推される子が増えたのも事実で、実際15位以内に確実にいるだろうか、って不安になることもあったし、逆にこの露出の量で15位だったら正直笑えない気持ちもあって、複雑な思いで投票しました。

顕嵐くんは人気があることはすごく肌で感じるのにランキングものとか投票ものにすごく弱いイメージがあって、自分の力不足も含めていろいろ悩んだこともあり。

ただ、顕嵐くんってものすごいミラクルを起こしまくるひとだから、もしかしたら1位なんて取っちゃうかも?!って気持ちは常に心のどこかにおいてましたw

実際早売りを見た時は、なんだかんだほっとしたって言うのが一番大きかったかも。

ちゃんとランクインしていたこと、そしてそれが3位という(冷静に考えれば)とてつもなく高順位だったこと。

正直露出の量から考えたらそれなりの順位じゃないとつり合い取れないって思ってたから、3位ってそこまで驚かなかったけど、実際オールジャニーズJr.の中で、3位ですからね!

何なら少クラで顕嵐くんよりずっといい位置にいて歌って踊ってる人たちより上位にいるからね!

本当に持ってる人だなあと思うし、ガチの順位でも操作されてたとしても、3位って!すごい!よね!

しかも「注目すべきは、阿部顕嵐の大躍進」って!書かれてるんですよ!

昨年22位がガチかどうかは知りませんが、実際「圏外→3位」ってロックすぎてびっくりしてる。

だから、少しの残念はあるけど、1位じゃないんだ、って笑いながら悔しがれるのも、3位を取れたからなんだなあ、とおもう。

"悔しい"じゃないのは、今年の顕嵐くんは、いきなり用意された大舞台で、それに見合うお仕事を真摯にしていたし、ものすごくたくさんの人に知られて応援されていること、見ていてわかったから。なんか、上手い言い方が見つからないのがもどかしいけど。

だから、残念、だけど、入賞とメダルは!違うとおもう。

次があれば1位を、ともおもうけど、もう次はここにはいないかもしれないし、ね?

 

2015年は、骨折と降板から始まった顕嵐くん。

きっと最初がよくなかったから、これからはもう昇るだけ!

本当に本当に、3位、おめでとう。

スターへの階段を着実に上がっている顕嵐くんの輝きを、同じ時代に生きて見ていられることが何よりの幸せ!

いつだって、顕嵐くんのファンになったことを後悔したことはない、自慢の担当様です。

何度だっていう、おめでとう!

 

でも、最後にこれだけは言わせてね!紅ほっぺのタルト、1ピース1200円するから!