君が本当に手にしたいものは、なに

Love-tuneの『CALL』のことをずっと考えていた。

 

【一つになれば ほら Path to glory】

【I wanna get glory】

 

繰り返しサビを合わせれば、およそ3分17秒の間に3度も出てくるこの言葉。

 

glory

【自動】
    誇りとする
【名】
  1. 栄光、名誉、誇り
  2. 称賛、賛美
  3. 壮観、荘厳
  4. 後光

 

未来に求めるのは、愛でも夢でも幸せでもなく、栄光。
ほまれ。

栄光って、社会的で、客観的で、相対的なもの。
私とあなたの間にだけあればいい、絶対的なものだったりはしないのです。

愛じゃない。夢でもない。手にしたいのは、誰もが認め、称える輝き。
この歌はそのために、現実的で、シニカルで、焦燥感で自らを燃やす。

 


彼らが曲を選んだ時に、もうこの歌詞があったかどうかわからないけれど。

この言葉が、自分たちが今いちばん歌いたいことなのだとしたら、

私は、彼らが目を閉じて、愛や夢や、目には見えない光を安らかに歌う日がくればいいと願う。
目に見えないものを、根拠を持たずとも無垢に信じられる世界に、彼がもっともっと生きることができるといいと思う。

【Show me what you got just do it 】


そんな熱を髪の毛一本の先にすら香らせないあなたが、私は好きなのです。