「さぁ このままずっとずっと遥か」

Jr.なんて、いついなくなるかわからないんだから、1番には出来ない。

そんな風に思っていたのに、気付いたらずぶずぶと顕嵐担でしかないジャニオタ人生を歩んで、4年目になりました。

4年目まで迎えられるかどうか、全然確信なんてなかった。

 

ケータイ買ってあげるからおいで、っていうお母さんに付いていって、

オーディションで謎の一発芸をする子に戦いて、

同期が先にデビューして眠れない夜を過ごして、

プレゾンに出るようになって、

ユニットがちょこっと欠けたりして、

ドラマに出演が決まって、

ステージの最前列に立って、

気付いたら主演までするようになって、

コンサートでソロが歌えるようになって、

マッチさんのツアーについて。

 

高すぎる壁に絶望したことも、犯した過ちを悔いたことも、周囲の足音に焦れたことも、たくさんあっただろう、けど。

5年間、ジャニーズでいることを、アイドルでいることを、止めないでいてくれてありがとう。

 

君の、身体つきの割に小さな手が、いつか誰かとしっかりと重なる日が来ますように。

そして、自分たちだけのステージで、誰より大きな、明るい歌を歌える日が来ますように。

入所5周年、おめでとう!