【ask.fm】 チーム覇に一言どうぞ!

ご質問ありがとうございます。
っていうか何週間寝かせるねん…っていう話…ごめんなさい…

 

顕嵐くんを通してチーム覇を見るなら、本当に顕嵐くんのこの夏にサマステがあって、チーム覇のメンバーといられてよかったな、と心から思っています。

お誕生日の時にブログにも書いたけど、クリエのステージに立つ顕嵐くんを見ていて、すごく怖くて、この先顕嵐くんはどうなっていくんだろうって割と真剣に思っていた中でのサマステだったので。
チーム覇があって、ひとりぼっちで考えごとをしたり、何かを抱え込むことは許されなくなった、と思う。

全員で一緒にパフォーマンスの完成だけを目指し続けることが出来たことは、すごくこの夏の顕嵐くんにとって大切な時間だったなあ…ていうとっても上から目線で好きな書き方じゃないけれど。

チーム覇は、とにかくお客さんを楽しませることを目指していて、チーム覇がチームらしくいることさえ、ある種ファンへのサービスだってちゃんとわかっている5人で(別にそれをいじわるに言う気はないけど)。
それでも、そのそつのなさを越えた、気持ちを寄せ合って支え合う5人になった瞬間を何度も見ることが出来たから、すごくたのしかった。

 

チーム覇でぎゅーって固まるの、初日からだったんだよね。
割とああいう身体的な接触って、コンサートが始まって観客の反応を見て距離を変えていくところある、じゃないですか。人に依るだろうけど。
でも、覇は、初日初回から、どんなときも身を寄せ合って、技が成功したら駆け寄って、その距離が近かった。
練習を重ねる中で、うまく行かないことも転んだ痛みもかならず5人で分け合って乗り越えてきた証だったんだろうなあ、と思う。

 

チーム覇のもうひとつ面白いところというかよくできてるところが、ほとんど絡んだことのないメンバーで組んだのに、1か月でいろんな組み合わせで動いてるところ、で。

最初組んだときは、安井さんプラスあらちかプラスみずりょっていう形だったと思うし、最初のムードメーカーとブレインは間違いなくやすちかだったと思う。
けど、敬語を禁止して距離が縮まっていく中で、安井宮近瑞稀がブレインになったり、あらりょが師弟関係結んだりw、メドレーの組み合わせも新鮮だったし、いろんなチーム覇の表情を見ることが出来て。

それは、5人それぞれの強い信頼関係とお互いへの理解がないとなしえないことだったんだなーと思った。

決勝用のVTR、締めのコメントを5人で一人一言ずつ分担してるのも、覇だけだったよね。

言ってしまえば、ちびジュの括りにあたるみずりょはマイクを持てないとか、メインには立てないとか、割とそういう方が展開としては全然あり得る可能性高かったと思うんだけど、絶対それをしないで、ちゃんと平等に見せ場を作ろうとしていたのは覇の覇ららしいところだったし、大好きなところだったよ!

 

前半誌読んで、「安井宮近瑞稀で新技会議してた。顕嵐と涼は言えば何でもやってくれる」ってみじゅが話してたけどこれ最高だな?!?!って超思った…めっちゃユニットっぽい…すき…

やすちかみじゅがブレインとか絶対その話し合い面白いからそろそろチーム覇クリエやれください!!!!

 

前半誌でもうひとつ思ったのが、安井さんのすごさ。
あらちか対談で、顕嵐くんが「チーム覇は謙ちゃんが最年長だけど横並びで仲良くやれている」っていうような話をしていて、メンバーにそう思わせられる安井くんはさすがだなーと。

そんな安井さんとそばでお仕事出来たこともひとつすごくよかったことだと思うし、顕嵐くんが安井さんを労う、ところまでいけているとはあんまり思えないけれど、ちゃんと感謝の気持ちを持って、それを伝えられているといいなーと思います。

 

もうオーラスから1ヶ月以上たってるんだね…時の流れ早い…

短くて早い、たった2ヶ月の思い出だったけど、チーム覇で一緒にすごせたこの夏、本当にたのしかったです。

チーム覇、ありがとう。

わんらぶはどこかで映像化してくれていいんだよ!!!!!